Five-Five-Six |一杯のかけそば

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメント

    [C151] 1970年から続くこのブログ

    >2008年もあと半分ってトコで

    いや、たぶん半分も無いw
    • 2008-12-21 00:57
    • ス㌧
    • URL
    • 編集

    [C152] No title

    ぎゃーーーーw
    12月も半分の間違いw
    • 2008-12-21 02:23
    • Wizti
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wizti.blog38.fc2.com/tb.php/105-e033fb60
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    一杯のかけそば

     2008年もあと半分ってトコでふと思い出した。
    12月もあと半分ってトコでふと思い出した。
    「一杯のかけそば」ってどんな話しだったっけ・・・。

     ある親子が寒い冬の夜にかけそばを一杯だけ頼んで美味しそうに食べる。
    なぜ一杯なのかと店主が問うと、貧乏で一杯分の代金しかないと言う。
    じゃあ、もう一杯食べなさい。これは私の奢りだ。メデタシメデタシ。


     ・・・何か違う。それだけのはずがない。これじゃ三行広告で十分だw。
    確か小説として世に出たその話は、反響を呼び作者は各地で講演会を開いて
    評判になった貧困に喘ぐ親子と蕎麦屋の店主とのハートフルストーリーなハズ。
    講演会で語られるソレは、物語に激しい展開がある事も無く、
    切々と語られるような物悲しくも何か温かい、そんな感じのハズ。
    そして結局、その話しは嘘でしたー、ってバレて話題に拍車がかかった。
    そんな話しだったように思う。当時興味が無かったので全然覚えてない。
    例えれば「全米が泣いた」そんな話し、どんなんだろう・・・。
    全日本が泣いた、だとなんかオカシイな・・・w。
    とりあえずやりなおし。

      歳暮れも大晦日の夜、店じまいを始めた蕎麦屋の入り口の引き戸がカラリと開き、
    親子連れが暖簾をくぐる。そして店主に「かけそばを一杯くださいな」と頼んだ。
    店主、一玉の蕎麦をゆで始めるとカウンターの向こうから親子の会話が聞こえてくる。
    「お腹空いたね、おかぁちゃん」「○○ちゃんの大好きなお蕎麦を沢山食べようね」
    店主、改めて客を見てみると、その親子の服装は貧相で日々の生活にも困窮して
    いるように見える。晦日の年越し蕎麦、久方ぶりの贅沢な外食、
    それが親子で分けて食べる一杯のかけそば なのかと思い当たる。
    そこで店主、蕎麦をもう一玉足し、テーブルに出来たての蕎麦を二杯出す。
    「もうこんな時間で店仕舞ぇするとこだ、御代は一杯分で良いから食いねぇ」
    親子、驚きながらも何回も礼をし「美味しいねぇ、美味しいねぇ」と食べた。
    そしてまた来ますと告げ、何度も頭を下げながら親子は店を出、
    雪降る夜道を歩いていった。
    そして翌年の大晦日の晩の事である・・・(略。


     むぅ、これも何か違う。年越し蕎麦、麺増やす、貧窮、来年も来ます、ってのは
    なんか当たりっぽい。そんな気がする。
    海老天をオマケしてあげた?んなわけは無い。あげ玉、とろろ昆布、油揚げ、揚げチクワ、
    それもダメだ、タイトルが違ってきちまう、オマケトッピングの線は無い。

     オマケじゃないとすると、元々付随してくるモノを増やしたとか・・・。
    カマボコ10枚くらいとか・・・ワカメ多目とか・・・はワリと嬉しいカモしれない。
    嬉しいけど、親子の心情を察するとバカにしてるのか、って事になりそーだ。
    ネギダクとかは好き好きが有るだろうしなぁ。うむ、やっぱりトッピングの問題じゃ無さそうだ。
    そもそも嬉しい嬉しくないって問題じゃないw。

     っつか、親子二人でかけそば一杯だけ、って普通な気がする。
    子供3歳で25歳の母親、とかだったら全然普通だと思う。
    子供の年齢にもよる事になるわけだ。
    35歳フリーターの子供と55歳の父親、とかでかけそば一杯だと相当ヤバイ気もする。
    かけそばだけのやり取りだけじゃ終わりそうも無い。お金貸しましょうか?から始まって、
    利子で元金が数倍に・・・とかの話しになりそうだ。
    たぶんその小説に出てくる親子はかけそば一杯を分け合うには
    微妙に不相応な歳なんだろね。子供13歳母親33歳くらいが丁度可哀相な気がする。

     店主、親子共にヤモメで歳を重ねるウチに二人の間には愛が・・・ってわけでも無い。
    そもそも貧困と人情、蕎麦屋を舞台に悲しくも温かい、っつーシンプルな話しなハズだw。

     いっそ子供三人と親で一杯のかけそば、っつーのはどうか・・・。
    それは困窮しすぎだろー、あざとい親って雰囲気も出てくる。
    たぶんオイラがその状況だったら外食はマズ考えない。家で食え、家で。

     子供五人と親一人で一杯のかけそば・・・もう有り得ないw。
    三人じゃなくて五人・・・十人、二十人と考えていたら、
    子沢山になればなるだけ不謹慎だけど笑えてくるw。
    「貧乏を笑う人は貧乏に泣く」って言葉無かったっけ。
    ああ、1円を笑う人は・・・か。そのウチ天罰貰いそうだから止めておこう。

     元々どうでも良いんだけど、めんどくさくなって来たのでコチラ。
    一杯のかけそば(Wikipedia)

     ・・・なんつーか・・・オイラも含めて、色んな意味で最低だw。

    コメント

    [C151] 1970年から続くこのブログ

    >2008年もあと半分ってトコで

    いや、たぶん半分も無いw
    • 2008-12-21 00:57
    • ス㌧
    • URL
    • 編集

    [C152] No title

    ぎゃーーーーw
    12月も半分の間違いw
    • 2008-12-21 02:23
    • Wizti
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wizti.blog38.fc2.com/tb.php/105-e033fb60
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Appendix

    プロフィール

    Wizti

    Author:Wizti
    SPAMがウルサイので"http"を禁止ワードにしました。 コメントのURL入力欄にも"http"が使えません。 hを抜いてttp~と書いてください。 ご面倒おかけ致します。

  1. 管理者ページ
  2. 最近の記事

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Blogパーツ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。